感想

ネタバレが多い

戯曲

野田秀樹『エッグ』

歌人としての寺山修司を評して、穂村弘は "寺山はイメージのコラージュによって幻の〈私〉を創り出した。その根底にあるものは、現に感受された個人的違和の、他者に共感可能な最大公約数的イメージへの強引な転換にほかならない。(中略)大滝や水原が表現の…